1. TOP
  2. Work
  3. なぜ商品・サービスの金額を上げられないのか?

なぜ商品・サービスの金額を上げられないのか?

Work  

 

ビジネスの売上を上げるために、
単価を上げていくことは必要なことです。

いつまでも駆け出しと同じ金額ではやっていけませんよね。

 

とはいえ、
「なかなか金額を上げることができない」
「どうやって金額を上げたらいいの?」
「金額を上げることに抵抗がある」
とお困りの方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、
あなたの商品・サービスの金額を
上げるための考え方をお伝えします。

 

ぜひ最後まで読んで、
あなたのビジネスを加速するヒントにしてくださいね。

 

なぜ商品・サービスの金額を上げられないのか?

自分のビジネスの金額を上げられない理由は、
大きく4つあげられます。

 

自分に許可していない

 

金額を受け取ることの許可を、
自分に対してしていないケースです。

「こんな金額をうけとっていいのかな」
「こんなにお金をもらっていいのかな」

と考えてしまうと、
金額を上げることができません。

 

こんな場合は、
自分にお金を受け取る許可をしていない可能性があります。

 

自信がない

 

自信がないから金額を上げることができない、という方は

「高い金額にしたら、誰もこないんじゃないか」
「金額が安いから人が来てくれる」

と思っている方が多くいらっしゃいます。

 

しかし、
実はこれは勘違いです。

人が集まる理由は
「安いから」ではありません。

 

あくまで人が評価するのは、
金額ではなく価値です。

価値を感じているから人が集まるのです。

 

価格をあげても良いから、
価値を高めていくことの方が重要になります。

 

ですから、
高い金額だから人が来ないと考えるのではなく、
価値を感じてもらうことにフォーカスしてみましょう。

 

稼ぐ目的が決まっていない

 

金額を上げられないことの非常に大きな理由が、
「稼ぐ目的が決まっていない」ということです。

 

あなたは、何のためにお金を稼ぎますか?
仕事によって何を手に入れたいのですか?

 

これが明確になっていないと、
商品・サービスの金額を上げることに
つながっていきません。

 

稼ぐ目的が明確になっていれば、
「〇〇を手に入れるためにに金額を上げる」
というように、
金額を上げる必然性が出てきます。

稼ぐ目的を明確にすることで、
金額を上げることにつながります。

 

自分のことやビジネスに確信がない

 

自分自身のことや、
自分のビジネスに確信を持てていなければ、
金額を上げることに対して恐怖しか感じません。

 

3つ目と重なる部分がありますが、
自分自身や自分のビジネスに確信を持つことができないと、
金額を上げることが難しくなってきます。

 

商品の金額を上げた方が良い理由

金額を上げる考え方をお伝えする前に、
そもそも金額を上げたほうが良い理由について
理解しておいていただきたいと思います。

 

大企業と違って薄利多売は難しいから

 

おそらく、
この記事を読んでくださっている方の中に、
大企業を経営している方は少ないと思います。

 

きっと、個人でビジネスをされている方や、
小規模でビジネスをされている方が
読んでくださっているのではないでしょうか。

 

個人のビジネスは、
薄利多売でやっていくのは難しいですよね。

そうすると、
高単価、高収益の価格設定をしていく必要があります。

 

ですから、
個人レベルでビジネスをやっていく以上、
商品の金額を上げることは必要なことなのです。

 

金額を上げることで自信がついていくから

 

「自信がないから金額を上げられない」と仰る方がいます。

 

しかし、
実はそれは逆なのです。

 

金額を上げるから、自信がつくんです。

最初から自信がある人はいません。

 

稼ぐ目的に従って、
お客様のためを思って、
商品の単価を上げていくことで、
自分に対して自信をだんだんと育んていくのです。

自信がつくというのは結果論です。

 

つまり、
金額を上げていくことが、
結果的に自信に結びついていくということです。

ですから、
金額を上げたほうが良いということになります。

 

商品の金額の上げ方

「商品の価格を上げた方がいいことは頭で理解しているものの、
やっぱり金額を上げることに抵抗がある」
という方がいらっしゃると思います。

お気持ちよくわかります。

 

では、どうやって金額を上げたら良いのでしょうか。

商品の金額を上げるための考え方をご紹介します。

 

金額は上げれば良い

 

金額のあげ方は、至ってシンプルです。

単純に、金額をあげれば良いのです。

 

そんなことはわかっていると言われそうですが、
難しく考える必要はありません。

単に、
素直に金額をあげれば大丈夫です。

 

金額の決め方

 

それでも金額を上げることができないという方は、
「人に決めてもらう」ということをお勧めします。

金額を決めることは、とても難しいですよね。
「値決めは経営」と言われたりするくらい重要なものです。

どうしても自分で金額を決められない場合は、
人に決めてもらいましょう。

 

自分が尊敬している人、
お手本にしている人、
ビジネスコンサルをしてもらっている人、
メンターなどに金額を決めてもらってください。

 

最終手段・特典をつける

 

それでも金額を上げることができないという時は、
最終手段として「特典をつける」という方法があります。

 

例えば、
まずは20万円の商品を設計したとします。

20万円の価格設定が高いとしたら、
思いっきり特典をつけるのです。

それでやりすぎだと思ったら、
20万円にちょうどいい内容に調整してみてください。

 

価格を下げるのではなく、
価値を高めて金額に合わせていけばよいのです。

 

まとめ

自分のビジネスの金額を上げられない理由は大きく4つです。
1.許可していない
2.自信がない
3.稼ぐ理由が明確になっていない
4.自分のことやビジネスに確信がない

 

稼ぐ理由を明確にして、
お客様のために商品の価値を高めていこうと思ったら、
必然的に価格を上げていく必要が出てきます。

 

そして、
値決めが難しい場合は、
人に決めてもらうか、
特典をつけるなどといった方法があります。

 

ぜひ参考にして取り入れていただき、
あなたのビジネスをさらに加速させていただければと思います。

関連記事

  • 売れるセールスのプレゼンの順番

  • 「どれが本当の自分がわからない」あなたへのアドバイス

  • お客様のニーズはこの6パターンから選ぶ!

  • いきなり売り込まない!自然にアポが取れる名刺交換のポイント

  • 幸せと成功 両方手に入れる方法

  • 人を動かす3つのメッセージ