1. TOP
  2. Life
  3. 信頼される人とされない人の違いとは?信頼を高める方法

信頼される人とされない人の違いとは?信頼を高める方法

 2020/04/25 Life  

「人から信頼される人間になりたい」
「ビジネスで信頼を得たい」
そう思いませんか?

 

ビジネスに限らず、
信頼は人間関係を大きく左右します。

 

人間関係をよくしていくために
重要なことが「信頼」です。

 

この記事では、
信頼される人とされない人の違い
そして
信頼を高める方法をお伝えします。

 

信頼を得ることができれば、
人間関係はとても楽になります。

ぜひ、
人間関係で信頼を構築するための
参考にしてくださいね。

 

信頼とは

信頼とは、人柄と能力の実績のことです。
実績はどうしても必要です。

 

たとえば、
自己紹介で過去の実績を数字で示す人は多いと思います。

実績があった方が信頼を得やすいからです。

もちろん数に限らずどれだけ本気でやってきたのか、
ということも実績になります。

 

信頼される人と信頼されない人の違い

信頼される人と信頼されない人の違いは
どこにあるのでしょうか。

それぞれの特徴を比較してみます。

 

信頼される人

 

信頼される人の特徴を挙げてみましょう。

・感謝できる人
・謙虚な人
・正直な人
・清潔な人
・感動する人
・バランスの良い人
・順番を守る人
・相手に敬意を払う人
・聞き上手な人
・認めてくれる人
・安心させる人

 

こんな人は、信頼できる人と言えるのではないでしょうか。

 

信頼されない人

 

一方、信頼されない人はどんな人でしょうか。
特徴を挙げてみましょう。

・横柄な人
・嘘をつく人
・不潔な人
・知ったかぶりする人
・場の空気を乱す人
・人の話を遮る人
・話を横取りする人
・話を聞かない人
・人を否定ばかりする人
・人を不安にさせる人

 

このような人はどんなに仕事ができても、
あまり信頼できないと思われてしまうのではないでしょうか。

 

信頼を高める方法

では、信頼を高めるにはどうしたらいいのでしょうか。
信頼を高める方法をご紹介します。

 

自分の信頼パターンを知る

 

前提として、
自分が人を信頼しなければ、
人からは信頼されません。

ですから、
まずは自分の信頼のパターンを知っておきましょう。

 

信頼するときのパターンは2通りあります。

・自分の状態をもとに信頼する
・相手がしてくれたことをもとに信頼する

 

この2つに良い悪いはありません。
両方持っておいたほうがよいでしょう。

そのためにもまず、
自分のパターンを把握してみてください。

 

あなたが信頼する「とき」はどんなときですか?

 

たとえば
「自分が選択のアドバイスが欲しいとき」
「自分が不安なとき」
「相手が親身に話を聞いてくれたとき」
「相手が目を見て話をしてくれたとき」

 

自分の状態をもとに信頼するとき、
相手がしてくれたことをもとに信頼するとき、
どちらに当てはまりますか?

両方あってよいので、
まずは自分のパターンを理解しておいてくださいね。

 

まずは自分を信頼する

 

信頼を得るためには、
まずは自分が人を信頼することが前提です。

 

そして、
人を信頼するために
自分が自分を信頼している必要があります。

 

自分を信頼していないと、
人から信頼してもらっても、
それを疑ってしまいます。

また、
自分を信頼していないと、
人を信頼することもできません。

 

そしてひとつポイントなのが、
信頼には条件をつけないということ。

 

人に条件をつけると、
自分にも同じ条件をつけることになるからです。

一見、条件なしで人を信頼することは危険にも思えます。

しかし、
条件をつけないで信頼するほうが実はラクです。

 

自分を信頼するために

 

自分を信頼するためには、
あなたが信頼できると思う人になったらよいのです。

 

あなたはどんな人を信頼しますか?
その人はどんなことをしていますか?

 

ただし、それを他人には求めないでくださいね。
あくまで、あなたがあなたを信頼するためのことです。

あなたが信頼できると思う人に、
あなたがなる。

そして「自分を信頼してうまくいった」という体験を積み上げると、
どんどん自分を信頼できるようになっていきます。

その体験は2回あれば十分です。

 

まとめ

信頼できる人とできない人の違い、
信頼を高める方法をご紹介しました。

人から信頼を得るためには、
まずは自分を信頼することが重要です。

 

そして、自分のパターンを知っておくということも大切です。

 

まずは小さいことからOKです。
自分を信頼するということをやってみてくださいね。

すると、
人を信頼できるようになり、
ますます人から信頼されるあなたになれるはずです。

関連記事

  • 自己分析をしても自分のことがわからない3つの理由と3つの対策

  • うまくいく目標設定と振り返りの方法

  • 「そのままでいいよ」の本当の意味とは?

  • 成功の4ステップと継続の秘訣

  • 「決められない」から抜け出す方法

  • 成功する人の3つの条件