1. TOP
  2. Life
  3. 「決められない」から抜け出す方法

「決められない」から抜け出す方法

 2020/05/17 Life  

 

「決断が苦手・・」
「決めたはずなのに行動できない」

 

こんな悩みをもっていませんか?

 

「決める」の考え方と、決め方を知れば、
行動が伴った決断をできるようになります。

 

この記事では、「決める」とは何か、
決めるためにはどうしたらよいのかをお伝えします。

決めることができると、人生は加速していきます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

決めるのはいつもこの瞬間

あなたは、ご縁あってこのブログを読んでくださっています。
ありがとうございます。

 

それでも、気づいたらいつの間にか
このブログにアクセスしていたわけではないですよね?

 

過去の瞬間に、
あなたはブログを読もうと決めてクリックしました。
その瞬間があるから、
今こうしてブログを読むといことが実現しています。

さらに、
このブログを読み進めようと今決めているから、
未来にブログを読み進めることが実現しています。

 

時間は瞬間の連続です。
常に今しかありません。

その瞬間に何を決めるかで、
その先の未来が変わっていきます。

 

つまり、
今この瞬間に何を決めるかが人生を変えていくのです。

 

「決める」とは何か?

 

あなたは、「決める」とは、何だと思いますか?

 

決断することですか?
いくつかの選択肢の中から一つを選ぶことですか?

これらも間違いではないですが、
どの「決める」もちょっと弱いです。

 

「決める」とは「捨てる」ことです。

 

決める=捨てる

 

何かを決めるということは、捨てるということです。

例えば、たった1日とれたお休みの日に、
ディズニーランドに行くかUSJに行くか迷ったとします。

同時に両方に行くことはできません。
どちらかを捨てないと、
その1日を決めることができないですよね。

午前中ディズニーランド、
午後USJとするのも不可能ではないですが、
果たして楽しめるでしょうか。

 

つまり、
決めるということは捨てるということでもあるのです。

 

後悔も捨てる

 

とはいえ、
捨てるのはちょっと・・と思うかも知れません。

 

では、
上記の例でディズニーランドを選んだとします。

 

もしディズニーランドで遊びながら、
ずっとUSJのことを考えていたとしたら、
それって両方に失礼ですよね。

 

または、
USJのほうがよかったな〜と考えながら
ディズニーランドを100%満喫できるでしょうか。

決めた目の前のことに集中できていなかったら、
損してしまいます。

つまり、
ひとつのことを決めたときは、
捨てたことへの後悔も捨てて、
目の前のことに集中する必要があるということです。

 

決めてもできない理由

決めたのに、
行動できないということもあると思います。

 

それは、「決めて」いるのではなく
「思っている」だけだからかも知れません。

 

決める≠思う

 

あなたは、「明日からダイエットしよう」と決めたものの、
明日も明後日もダイエットが始まらない・・・
という経験をしたことはありませんか?

おそらく誰もが経験しているのではないでしょうか。

 

行動が伴わない理由は、
ダイエットを決めているのではなく、
思っているだけだからです。

ダイエットをするということは、
食事を適切なものに変えたり、
適切な運動をしたりしますよね。

今までの生活パターンを捨てると決めないと、
ダイエットをする行動ができません。

 

つまり、
思っているだけでは決めたことにならない、
ということです。

決めるということは、行動を伴います。

 

決めるためにすること

では、
決めて行動を伴わせるためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

それは、
具体的に決めていくことです。

思っているだけのことと、
決まっていることの違いは、
具体性です。

 

例えば「近々また飲みに行きましょうね〜」という約束は、
おそらく実現しません。

本当に実現したいなら、
時間や場所、メンバーなどを決めていくのではないでしょうか。

 

行動を伴った「決める」をできるようになるためのポイントは、
どこまで具体的にできるかなのです。

 

決めるための11項目

 

「決める」ためには、
内容を具体化していくことが大切です。

 

以下の11項目を書き出してみてください。

1:誰が
2:何を
3:どこで
4:誰に
5:誰のために
6:誰と
7:いくつ
8:金額
9:期間
10:どのように
11:なぜ

 

なかなかパッと思い浮かばないかも知れません。
しかし、
これが明確になると、かなり「決まり」ます。

そのとおりにやればいいだけです。

 

まとめ

「決める」ということは、
「捨てる」ということです。

「決める」ためには、
思っているだけの行動を、
より具体的に落とし込んでいきましょう。

 

過去に決めたことがいま目の前にあるように、
この瞬間に決めることが未来を作っていきます。

どんどん人生を加速させていくためにも、
「決める」を意識してみてくださいね。

関連記事

  • 自己分析をしても自分のことがわからない3つの理由と3つの対策

  • あがり症でもプレゼンができるようになる秘訣

  • 「そのままでいいよ」の本当の意味とは?

  • 幸せと成功 両方手に入れる方法

  • 学びをすぐアウトプットできるようになる方法

  • やりたいことを描かなければ、やらなければならないことに追われる