1. TOP
  2. Life
  3. うまくいく目標設定と振り返りの方法

うまくいく目標設定と振り返りの方法

 2020/03/26 Life  

 

世の中には、
目標を達成し続ける人と、
達成しない人がいます。

せっかく目標を設定したのなら、
誰だって達成したいですよね。

 

もしあなたが
目標を達成できないのだとしたら、
それはあなたが頑張っていないから
ではありません。

 

目標達成の考え方と、
振り返りの方法
間違っているという可能性があります。

 

「目標を設定してもなかなかうまくいかない」
「達成できなかったら落ち込んでしまう」
という状態から抜け出すための、
目標達成と
振り返りのポイントをお伝えします。

 

ぜひ、
うまくいく目標設定と
振り返りの方法を駆使して、
どんどんあなたらしい人生を
切り開いていってくださいね。

 

目標達成の方法

目標達成できる考え方は
どんな考え方なのでしょうか。

 

また、
目標を達成し続ける人と
達成しない人の違いは
どこにあるのでしょうか。

 

目標達成の方法についてお伝えしていきます。

目標達成し続ける人とできない人の違い

 

目標を達成し続ける人と、
達成しない人の違いは何でしょうか。

 

うまくいっている人は
「今月も達成するぞ」
「来月も達成する」
という言葉を使っています。

目標は常に達成することが前提です。

 

一方、
目標達成できない人は
「今月こそは達成する」
「来月は達成する」
と考えています。

 

達成できない先月の自分を
まだ引きずっている状態です。

 

「リベンジ」という言葉も、
達成していない前提の言葉ですよね。

 

もしうまくいかなかったとしても、
それをひきずるのではなく、
一旦リセットしましょう。

そして、
次のための改善策を立てるのです。

 

達成前提で考える

 

目標達成する人は、
「どうしたら達成できるだろう」
「何があったら達成できるだろう」
と考えます。

 

決して
「達成できなかったらどうしよう」
などとは考えていません。

 

つまり、
目標達成する人は
達成前提で考えている
ということです。

 

「達成」という結果が決まっているので、
そのためには何をしたらいいのか
という視点で考えることができます。

 

すると、
その前提で学んだり
行動したりすることができますから、
結果的に目標も達成する可能性が
非常に高くなります。

 

ぜひ、
目標を達成する前提で
考えてみてくださいね。

 

目標は細分化して設定する

 

目標達成のためには、
できる限り目標を
細分化する必要があります。

 

最初から目標を大きくすると、
なかなか達成できないことで
「自分はできないんだ」と
思ってしまう原因にもなります。

 

目標を設定したら、
そこにたどり着くまでの道のりを
階段のように細切れにしていきましょう。

 

そして、
細分化した小さい目標を
ひとつずつ達成していくのです。

 

例えば5mの壁に登ろうとしたとき、
ジャンプして飛び越えることはできなくても、
階段を1歩ずつ登れば
5mの地点たどり着くことは可能です。

階段を登らずに、
5mの壁を飛び越えられないことで
落ち込むのはもったいないですよね。

 

特に最初のハードルは、
必ず達成できるようなレベルに細分化して
取り組みましょう。

 

「ひとつ達成できた」
「次もまた達成するぞ」
と小さくても達成をし続けることが重要です。

 

振り返りのポイント

では、
やってみた後の振り返りは
どうしたらいいのでしょうか。

 

振り返りの方法と考え方をお伝えします。

 

そもそも振り返りとは

 

振り返りとは、
やったことの中で
「良かったことを見つける」ことです。

 

行動したなら、
何もできなかった
ということはないはずです。

できたことは何か、
良かったことは何か
という観点で
振り返るようにしましょう。

 

仮に設定した目標が
達成できていなかったとしても
「これはできた」という
部分的なものはあるはずです。

 

ひとつずつ
「できた」という達成を
みつけて認めていくことが、
振り返りです。

 

反省はししなくてOK

 

振り返りのときに
やってしまいがちなことが
「反省」です。

 

振り返りと反省は違います。

 

結論、
反省は不要です。

 

反省とは、
ダメな自分を責めたり、
他人のせいにしたりすることです。

 

そうすると、
落ち込んでつらくなり、
行動できなくなってしまいます。

 

反省はしてもいいのですが、
その後の人生は変わりません。

反省よりも、
次のために改善することのほうが
よっぽど大事です。

 

ですから、
反省はしなくて良いのです。

 

まとめ

目標達成のための考え方と
振り返りの方法についてお伝えしました。

目標達成をし続ける人は、
達成前提で考えて行動します

 

そして目標を小さく細分化し、
小さいひとつの「できた」を
振り返りできちんと認めています。

 

そして、
「また次も達成するぞ」と
達成を続けていきます。

 

今までなかなか目標達成できなかったとしても、
考え方ひとつで結果は変わってきます。

 

ぜひトライしてみてくださいね。

関連記事

  • あなたも勘違いしているかも!?最短で「できる」ようになるための方法

  • あがり症でもプレゼンができるようになる秘訣

  • 成功する人の3つの条件

  • 信頼される人とされない人の違いとは?信頼を高める方法

  • これからの時代はポイントの時代

  • 成功の4ステップと継続の秘訣